トップページ >  > コラーゲンにも種類がある!女性が摂るべきコラーゲンとは

コラーゲンにも種類がある!女性が摂るべきコラーゲンとは

コラーゲンは1種類だけではない

コラーゲンドリンクに使用されているコラーゲンの原料はさまざまであり1種類だけではありません。魚の骨やうろこ、皮などから抽出されるフィッシュコラーゲン(マリンコラーゲンや海洋性コラーゲンとも言う)や、豚の皮から抽出される豚コラーゲン、フカヒレなどから摂れるフカヒレコラーゲンなどがあります。牛を原料とした牛コラーゲンもありますが、狂牛病の影響により使用されることが少なくなりました。

どの種類のコラーゲンを選べば良い?

フィッシュコラーゲンや豚由来の動物性コラーゲン、フカヒレコラーゲンなどのさまざまな種類のあるコラーゲンですが、どの種類のコラーゲンを選べば良いのでしょうか。正解はフィッシュコラーゲン。コラーゲンはもともととても吸収されにくい成分として有名です。理由はコラーゲンが高分子のタンパク質だから。


そのため、低分子化したコラーゲンペプチドへと変化させたものが多いのはそのためです。中でも動物性コラーゲンは消化・吸収されにくいと言われています。それに比べ、フィッシュコラーゲンの吸収率は動物性コラーゲンの約7倍とも言われ、美容効果を高めるために1日に5000mgは摂取したいコラーゲンを効果的に摂取するためには、フィッシュコラーゲンを選ぶことがベストです。

ペプチド化されたフィッシュコラーゲンを選ぶ

コラーゲンは吸収されにくい高分子タンパク質のひとつ。高分子のため腸壁によってブロックされてしまうため、変化させていく必要があります。コラーゲンを低分子化させたものがゼラチン。そしてこのゼラチンを分解してさらに低分子化させたものが低分子コラーゲンであるコラーゲンペプチドです。

ペプチド化されたコラーゲンは吸収されやすくなっているため、効果を有効に実感できます。美容ドリンクを選ぶ場合は、ペプチド化されたフィッシュコラーゲン配合のものを選ぶと良いでしょう。

コラーゲンは1種類だけではない コラーゲンドリンクに使用されているコラーゲンの原料はさまざまであり...